2009年01月26日

病魔

2009-01-10T16_39_54-6.jpg

インフルエンザ(A型: 巷で話題の「タミフルが効かない新型」ではなかった)にかかって一週間以上、寝込んでいた。
お医者さまによると、3日くらいで薬が効いてあっさりよくなってしまうひと、と、そうでないひと、がいるそうで、私は後者だったみたい。
お友達と会う予定を2つキャンセルして、病気の時に特有の不思議な夢を見ながらずっとうとうとしていた。
今朝は湯呑茶碗になった夢を見たよ。

鼻水も止まらぬほどに愛しけり 森田欣也


【関連する記事】
posted by tails at 09:16| Comment(2) | TrackBack(0) | はるかのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分も、インフルエンザではないのですが、
長いこと体調を崩していました。

「病気の時に特有の不思議な夢」
そういうのありますよねー。
自分は微熱を抱えてベッドに入っている時の、
なんとも言えない気だるさが、
結構好きだったりします。笑
Posted by のろ at 2009年01月26日 10:32
> のろさん
もうおかげんはよいのでしょうか? どうぞお大事になさってくださいね。

「なんとも言えない気だるさ」て判る気がします。
病気のときの午後のやわらかい日差しの中でまどろむ、あの奇妙に懐かしい感じ、私も好きです。
Posted by はるか at 2009年01月26日 11:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。