2009年01月07日

臥竜梅

s-IMG_0002.jpg

酒井駒子さんの絵本が好きだ。
『大人になってから知ったのだけれど、子どものときに読んでいたら違う大人になっていたような気がする本』というのがいくつかあって、これはそのひとつなのだけれど。
クロネコさんに『ぼく おかあさんのこと…』に出てくるうさぎくんのぬいぐるみがあることを教えてもらったので、調べてみたらちょっと欲しくなってしまった。
何かいいたそうな表情がとてもかわいいと思う。

やま路来て何やらゆかしすみれ草 芭蕉




【関連する記事】
posted by tails at 10:29| Comment(2) | TrackBack(0) | はるかのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「うさぎくんのぬいぐるみ」すごくかわいいですねー。
動物の中でも特にうさぎが好きなので、
自分も欲しくなっちゃいました。
今使ってる机の隅っこあたりに、
ちょこんと座らせときたい感じです。。。笑
Posted by のろ at 2009年01月07日 17:39
あ、机の隅っこあたりに置くの、いいですね。作業に疲れた時なんかに眺めたらほんわりした気持ちになれそうです。
購入されたらぜひblogに載せて見せてくださいね。
うさぎは鳴かないものだと思っていたのですけど、淋しいと「きー」て鳴くらしいです。
きーきー。
Posted by はるか at 2009年01月07日 18:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。