2008年12月18日

柚子

2008-10-13T10_05_41-1.jpg

ちょっと栗鼠になった気分で拾ったどんぐりをどんぐり共和国に預けに行ってきた。どんぐり銀行で通帳を作ってくれるのです(単位は『円』ではなく『どんぐり』だけど)。
100どんぐりで1本の苗木と交換してくれるらしい。まだまだ足りないので、来年もがんばって拾わなくちゃ、と思う。

すきなひとがいつでも怖い どの角を曲がってもチキンライスのにおい 田口綾子


【関連する記事】
posted by tails at 16:36| Comment(2) | TrackBack(0) | はるかのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「どんぐり共和国というものを初めてしりました。
「100D」なんてなんだかファンタジックですねー。
東京駅でもやってるみたいですし、是非参加してみたいです。
そういえば自分の家の周囲にはあんまり団栗をみかけないけれど、
ちょっと遠出して栗鼠になってみようかな。笑
Posted by のろ at 2008年12月19日 05:22
私がこどもだった時には近所に雑木林がたくさん―小学校に『落ち葉拾い』なんて行事があったくらい―あったのですけど、最近はみかけなくなってしまいました。
今回のどんぐりも先日『市原ぞうの国』に行った時に拾ったものです。
ちょっと遠出してどんぐりをみつけたら、ぜひ栗鼠の気分で参加してみてくださいね。
Posted by はるか at 2008年12月19日 09:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。