2008年07月02日

花火

酒井駒子原画展 ─絵本『くまとやまねこ』の世界」を観てきた。
表参道なんて行き慣れない場所で迷子になりかけて、すこし泣きそうになったけれど(…もうすこし判りやすい場所にあるといいのに)。
白黒のモノトーンの絵の中に、色々な光が見えるみたいな、素敵な絵だった。すこし首を傾げてこちらを見つめる小鳥の、自然な「?」の形とか…。
もうあまり期間がないけれど、お時間がある方は見に行かれてはいかがでしょうか。

一首より多くの文字の印された切符が導く夕日の街へ   千葉聡


【関連する記事】
posted by tails at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | はるかのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。