2009年04月03日

苺狩

いちご狩り.jpg

桜の花弁が徐々にほころびはじめ、道の手前はほぼ満開になっているけれど、日蔭になっている奥のほうはまだ蕾も固く閉じたままだ。
濃い色の蕾が花ひらく時には淡い色彩に変わってしまうのが儚くて、通勤途中のひとたちに怪訝そうに見られてしまうけれど、つい立ち止まって青空に映える花を眺めてしまう。

桜のほんの束の間の饗宴(狂宴?)を、こんなふうに毎年、待ち侘びて、違う場所で見ている気がする。

水仙にアイスピックを突き立てて祈りのような言葉を吐いた 笹井宏之


posted by tails at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | はるかのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。